博多エリア

Home > 博多エリア

博多エリア

博多エリア

人口約142万人(2007年現在)を抱えており、名実共に九州第一の都市である。商業都市として有名であるが、多くの官公庁の機関や全国企業の支社なども置かれている。東京特別区を含む都市の人口では全国で8位で、福岡市周辺に福岡都市圏を形成する。百貨店、大型ファッションビル、地下街などがある天神が商業の中心地区であり、周辺の大名、今泉、警固、上人橋通り、赤坂けやき通りにも店舗は拡大している。

また、天神の東方にキャナルシティ博多、博多リバレイン、川端通商店街などがある川端という繁華街もある。
その集客力は広域に及び、佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・山口県などが商圏に含まれていると言われている。
さらに夜の街といえば全国的に有名かつ歓楽街の規模も指折りに入る中洲であるが、中洲以外にも博多区に雑餉隈という歓楽街がある。
ビジネスの中心エリアは天神地区周辺に加え、博多部の博多駅周辺や祗園駅周辺である。

福岡市は天神・博多駅周辺の都心部を中心として西に西新地区、東に香椎地区、南に大橋地区の3地区をそれぞれ副都心として位置付けており、特に西新や香椎は小規模な繁華街を形成しており活気ある街になっている。

東京・名古屋・大阪など福岡市以外の地域の人からは福岡市の事を指して「博多(はかた)」と呼ばれることがある。 これは、中世よりこの地域は「博多」という街として認識されていたことや、山陽新幹線の終着駅が「博多駅」であり、ビジネスでも福岡へ出張することを「博多に行く」と呼んでいた程、博多という名前が浸透していたからである。 歴史的にも、明治22-23年に福岡市にするか博多市にするか、議会で議論されていたくらいである。 又、福岡と博多をあわせて「福博」と呼ばれることもある。
wikipediaより抜粋

博多駅周辺

博多駅周辺

博多駅周辺

博多駅周辺

博多駅周辺

博多駅周辺

博多エリアの主な観光スポット

キャナルシティ

博多エリア

主なテナントとして、シアタービルには劇団四季専用の劇場である福岡シティ劇場や無印良品などが、アミューズメントビルにはシネマコンプレックスのユナイテッド・シネマ キャナルシティ13・フードテーマパークであるラーメンスタジアム2・ゲームセンターのCLUB SEGAなどが、メガストアビルにはコムサストアやスポーツオーソリティなどが入居している。

また施設内には、ハイグレードなグランドハイアット福岡とビジネス型のキャナルシティ・福岡ワシントンホテルの2種類のホテルもある(ワシントンホテルはフロントのみ1階で、客室は5階以上のフロア)。

その他にもキャナルシティオーパ(専門店街)があり、ポケモンセンターフクオカやスタジオジブリ作品を取り扱うどんぐり共和国、週刊少年ジャンプ関連のグッズを販売しているジャンプショップ、ディズニーのキャラクターグッズを取り扱うディズニーストアなども入居している。

博多屋台

博多エリア

福岡市の博多区中洲・中央区天神・長浜地区など、「屋台街」と呼ばれる歩道上に屋台が集合して商売する場所もある。福岡の屋台は移動販売ではなく、場所を固定して営業する。昼は月極駐車場においてあり、夕方に「引き屋」と呼ばれる人が引いて決まった場所へ移動し、固定する。電気は屋台を営業する場所に専用の電源を持ち、水道は近くのビルと契約している。ガスは自前のプロパンガスを屋台内に取り付けてある。ラジオやテレビを流す店は多い。連絡用に携帯電話を持っている店主が多い。天気が悪い日などは休業するため、ガイドブックに電話番号を公開してある場合はこの携帯電話に営業するか否かを問い合わせることができる。

メニューは豊富で、ラーメンのほかおでん、もつ鍋、焼き鳥、鉄板焼き、天ぷらといったメニューを掲げる店が多い。これらのメニューをつまみに酒を飲み、最後にラーメンを食べるパターンになることが多い。店によってはカクテル専門・西洋料理専門・沖縄料理専門の店などもある。また、最近は店主の好みによって独自メニューの開発を行なって新たな形態を打ち出す例もあり、一方で従来のメニューを伝統的に守る主義の店も多い。ラーメンなど福岡での定番商品は多くの店にはあるが、おかない主義の店もある。衛生上、生の食品は置いてはならないことになっているが、ルール違反の屋台もある。また、金額の表示は義務化されており、金額のトラブルは減っている。