天神エリア

Home > 天神エリア

天神エリア

天神エリア

百貨店やファッションビルなどの商業施設が高度に集積した九州最大の繁華街である。福岡市の中心業務地区でもある。博多駅周辺から福岡市地下鉄で数分の距離にあり、博多との間には全国的にも有名な歓楽街の中洲・南新地がある。

厳密には住所表記に「天神」が付く天神1~5丁目を指すもので、親富孝通り~天神西通り、那の津通り、国体道路、那珂川・薬院新川で囲まれたエリアを指す。一般的な用法においては拡大解釈して用いられており、福岡市地下鉄天神駅や西鉄の西鉄福岡駅からの徒歩圏内、那珂川・薬院新川以西、上人橋通り以東、西中洲・春吉地区を除く区域(天神1~5丁目・大名1(概ね東半分)、2丁目・今泉1、2丁目・舞鶴1丁目・渡辺通1~5丁目)を指すように使われている傾向がある。

天神地区の中心は、かつては渡辺通りと明治通りが交差し岩田屋があった天神交差点付近とされたが、その後西鉄福岡駅が南に移転し、さらに1990年代以降は天神駅の南部に商業施設が相次いで新設され、また2000年代には天神南駅の開業や三越の開業、岩田屋の移転などがあり、徐々にであるが南下し続けていると言われている。

福岡市は天神・博多駅周辺の都心部を中心として西に西新地区、東に香椎地区、南に大橋地区の3地区をそれぞれ副都心として位置付けており、特に西新や香椎は小規模な繁華街を形成しており活気ある街になっている。
※wikipediaより抜粋

新天町

新天町

警固公園

警固公園

天神西通り

天神西通り

天神エリアの主な観光スポット

南天神

天神エリア

2000年代以前までは国体道路以南のいわゆる「南天神」地区は、老舗を除いて伝統的に商業施設が振るわない地区となっていた。

国体道路からわずか100m程にある現在の天神ロフトビルは、1989年にユーテクプラザ天神という電気店、1994年9月からはジークス天神という名称で営業していたが、いずれも商業的に成功していたとは言えない。

ただし現在は天神南駅の開業や三越の開業天神南駅の開業と共に、同駅徒歩圏(おおよそ500m)内の再開発が進んでおり、2007年に天神ロフト(渡辺通四丁目)がオープンし、前述の通り状況が変わりつつある。

もっとも、2004年オープンのBiVi福岡は渡辺通四丁目の、天神地区と渡辺通地区のちょうど中間と言う中途半端な立地にあり、このビルも商業的に振るってはいない。

北天神

天神エリア

大濠公園(おおほりこうえん)は福岡市中央区にある公園(福岡県営)。約40万平方メートルあり、大きな池が特徴的な公園である。池を貫くように島が浮かんでおり、それぞれが橋でつながっている。付近には福岡城址(舞鶴公園)、福岡市美術館、NHK福岡放送局などがあり、福岡市民の憩いの場として親しまれている。周囲がほぼ2kmとキリの良い距離のため、サイクリングやジョギングをする人が多く見られる。

天神地区の中心が南下するとともに、1990年代中ごろから北天神地区にオタク向けショップ(アニメイト、とらのあな、まんだらけ、メロンブックス等)やメイド喫茶が集い、福岡のオタク街としての機能も有するようになった。
この立地は、日本を代表するオタク街でもある秋葉原がそうであったように、おたく文化とオタク系の店は他のカジュアルな若者文化に対して回避的である事も理由の一つとなりうる。
これは「朝日新聞」(西部本社版)の2006年5月27日付の夕刊の一面でも取り上げられた。商業施設の南天神移行に伴い、ダイエーショッパーズ・専門店街は2011年7月10日で閉店予定。